配偶者の居住権とは?


 『配偶者居住権』という権利が新たに創設されようとしています。
これは住宅に係る権利を『所有権』と『居住権』に分けるもので、相続等の際に配偶者が居住権を選択すれば、所有権が別の相続人や第三者に渡っても亡くなるまで住み続けられるというものです。
 また居住権の評価額は、配偶者の余命年数などから算出されるとのことで、高齢になるほどその評価額は低くなり、所有権より少ない額で相続税を計算することで、配偶者は遺産分割のために自宅を換価する必要がなくなります。
 ただし、この居住権は必ずしもいいことばかりではなさそうです。
 『所有権』というのは、その住宅を使用収益する権利もありますし、自由に譲渡することもできますが、『居住権』はただ住むだけの権利だからです。
 高齢者である配偶者が相続がおきた後も雨風をしのいで寝食することだけを考慮すれば、配偶者の生活は守られることになりますが、現実問題として介護等が必要な状況であれば介護施設などで生活することを前提に考えて少しでも多くの現金を所有しておく必要があります。
 子と同居できるのか、数年後に同居するのか、今まで通り1人で暮らすのか・・・いずれにしても先々のことをよく考えて、居住権と所有権のどちらを選ぶのか親族としっかり相談して決める必要があります。
 ちなみに、当該法改正は法律婚を対象としており、事実婚は対象外となっています。これらも踏まえて今後も検討を進めていく必要がありますね。