税制改正で所得税が上がるのか?


 平成30年度税制改正大綱の発表がされ、あっという間に3か月が経過してしまいました。そのうち我々の生活に最も身近な個人所得税においては、給与所得控除、公的年金控除、基礎控除などの見直しがおこなわれました。なおこれらの改正は平成32年分以後から適用される見込みです。

①給与所得控除

 給与所得控除は、控除額が一律10万円引き下げられ、給与収入が162.5万円以下で55万円となり、また給与収入が850万円で上限額は195万となります。

②公的年金控除

 公的年金控除は、控除額が一律10万円引き下げられ、公的年金等の収入が1000万円を超える場合の控除額の上限は195.5万円です。年金等以外の合計所得が1000万円超の場合には、公的年金控除が10万円引下げられ、2000万円超の場合は20万円引下げられます。

③基礎控除

 基礎控除は一律10万円引き上げられますが、合計所得が2400万円を超える場合には段階的に引き下げられ、合計所得が2500万円を超える場合には0となります。

要するに、給与収入850万円超の方や合計所得2400万円超の高額所得者の税負担が多くなるということです。

必ず会社の社長とは話し合っていることですが、法人の役員報酬シミュレーション必至です💦