裁量労働制の拡大はいいこと?


「働き方改革」の残業規制をめぐり、労働時間の調査データに異常な数値が見つかった問題で、安倍首相は衆院予算委員会で謝罪したにもかかわらず、裁量労働制の拡大などの施行時期を遅らせるどころか今国会で成立を目指しているようです。
 裁量労働制には、専門業務型(われわれ税理士なども含まれます)と企業業務型とういうものが2つありますが、どちらも労働基準法という法律により「業務を遂行するためには労働者の裁量が必要である」という内容が明記されています。
 したがって、労働者は使用者からの業務命令に対し、労働者自身の自由な働き方で業務を遂行し、完了させればいいことになるため、当該裁量を拡大してあげようという法案は一見するとすばらしい法案に思えます・・・。

 しかし、仕事って現実はそんなに甘いもんじゃないですよね?

 早く業務を完了させれば業務命令を追加され仕事は増えるいっぽうですし、上司からの残業命令を断れた試しもありません。
 そもそも自由に働いてそんなに早く帰りたいと思わないですけど(私だけでしょうか・・・)

 過労死を無くすためにも残業規制は本当に重要な問題です。政府も使用者も真剣に対応していくにはタックスドリブンが必要かもしれませんね。