・中小企業・小規模事業者への資金繰支援が強化されます


1.政府系金融機関による資金繰り支援

 経営環境が悪化している中でも雇用の維持・増加、経営改善に取り組む事業者、また生産性向上に取り組む事業者の資金繰りを支援するため、日本政策金融公庫および商工組合中央金庫の融資制度を拡充・新設します。
 
①「セーフティネット貸付等」の拡充(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)
 経営環境の変化により一時的に業況が悪化している中でも雇用の維持・増加又は経営改善の計画を策定する事業者に対し、貸付金利を最大0.4%引下げて融資を行います。
 
②「中小企業経営強化法関連融資」の創設(日本政策金融公庫)
 中小企業等経営強化法に基づく経営力向上計画の認定を受けた事業者に対する融資を行います。また、このうち、設備投資に対する融資の貸付金利を0.9%引き下げます。
 

2.信用保証協会による資金繰り支援(条件変更改善型借換保証の拡充)

 事業者が、既に存在する保証付き融資を新たに借り換える際の保証を実施します。さらに、借り換えにあたり、事業者が、前向きな投資等のために新規資金を追加する場合には、据置期間を最大2年まで延長します 。
 
上記1.及び2.について、10月19日から運用を開始する予定です。
 

3.平成28年熊本地震により被害を受けた事業者への資金繰り支援

 平成28年熊本地震により被害を受けた中小企業・小規模事業者の資金繰りを支援するため、「平成28年熊本地震特別貸付」及び「セーフティネット保証4号」を引き続き実施します。

http://www.meti.go.jp/press/2016/10/20161019001/20161019001.html