医療分野に係る中小企業等経営強化法


医療は「人」が支えるサービス業であり、優れた人材の確保や定着は極めて重要です。

収入増を目指す医療機関にとっては、かかりつけ医加算をとりにいきたくても、夜間勤務や宿日直勤務に対応する医療従事者の配置が難しいのが現実です。                           自他の評価可能な指標である職員の離職率、勤続年数、定着率などを客観的にとらえることが大切です。

収益を確保するための保険診療は公定価格により行われるため制約を受けており、今後はさらに強い制約が待ち受けているなかで、経営力向上を実施していくことが非常に重要です。

①サービスの品質向上

②コストの把握と効率化

③人事配置

④ICT投資

我々、認定経営革新等支援機関が経営力向上のための事業計画の取り組みをお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問合せください。