・東京23区のマンション価格と賃料の中期予測


 日本不動産研究所は、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測(2016~2020年・2025年)について6月28日に公表しました。

 マンション価格は、2015年に8.9%上昇したが、その後は上昇幅が縮小して2016年は2.5%上昇、2017年は1.2%上昇と横ばいに近づき、2021年以降はわずかな微減傾向が続くと予測しています。

 マンション賃料は、年率0.4%前後の微増が継続しており、2015年に対して2020年は1.9%上昇、2025年は3.8%上昇となり、2006年頃の水準に近づくと予測しています。

マンションの価格は2020年まで上昇したあと微減するが、賃料のほうは今後も上昇し続けるという予測です。